新着情報


平成26年度 亀高文子記念―赤艸社賞、坂井時忠音楽賞 合同贈呈式を行いました

 兵庫県芸術文化協会では、県域において優れた芸術活動を行い、将来の活躍が期待される新進の音楽家を奨励するため、若手音楽家を対象に「坂井時忠音楽賞」を、女性洋画家を対象に「亀高文子記念-赤艸社賞を」贈呈しています。

 2月24日(火)に、平成26年度「坂井時忠音楽賞」と「亀高文子記念―赤艸社賞」の合同贈呈式が兵庫県民会館にて開催されました。


 「坂井時忠音楽賞」は、故・坂井時忠知事(当協会元会長)の音楽に寄せられた心を普及させ、音楽活動の推進と芸術文化の振興に寄与することを目的として平成3年度に創設されました。
 今年度は、坂口裕子さん(声楽家・ソプラノ)と、瀧村依里さん(ヴァイオリン奏者)のおふたりが受賞されました。

 また、「亀高文子記念-赤艸社(せきそうしゃ)賞」は故亀高文子氏(兵庫県文化賞受賞者)のご遺族からの寄付をもとに、女性洋画家を対象に平成4年度に創設。同女史が創立した「赤艸社女子洋画研究所」にちなんで名づけられ、兵庫県芸術文化協会が表彰してきました。
 今年度は、森本紀久子さんが受賞されました。


合同贈呈式の様子
受賞者の森本紀久子さん(前列左から3番目)、坂口裕子さん(前列左から4番目)、瀧村依里さん(前列左から5番目)と両賞の選考委員、推薦者など


坂井時忠音楽賞のページへ

亀高文子記念―赤艸社賞のページへ