県民芸術劇場(学校公演について)

学校公演概要

らせん舘

対象となる学校

  • 兵庫県内の小学校、高等学校、特別支援学校(国立をのぞく)中学校及び幼稚園は対象としておりません。
  • 2校以上の合同公演も可能です。

対象となる演目

  • 『県民芸術劇場登録団体・演目リスト』に掲載されている公演団体、演目のなかからお選びください。(リストは毎年更新し、各学校および市町教育委員会に配布してます。)
  • 演目内容、会場条件、最適鑑賞者数、開催時期等で、リストに記載していない条件もありますので、かならず団体に内容を確認してください。

出演料の一部を当協会が負担します

  • 公演団体に支払う出演料の2分の1を、兵庫県の補助を受けた(公財)兵庫県芸術文化協会が負担します。(ただし、下記の金額のとおり上限金額がありますが、変更になる可能性があります。)
  • 学校は出演料のうち当協会の負担額を除いた残額とその他の経費(会場費・児童送迎費等)及びこれに付随する消費税額を負担します。
  • 2回以上の公演を行う場合、2回目以降の出演料は全額学校が負担します。

平成31年度芸術文化協会負担上限金額(消費税別)

小学校 高等学校
音楽 225,000円 337,500円
その他 225,000円 460,000円

学校公演の感想

(生徒の声)

  • ・心がおだやかになる曲もあれば、楽しくなる曲もあって、人生初体験でした。(小学生)
  • ・いろいろな楽器を合わせると、あんなにきれいな音になってすごいなと思いました。(小学生)
  • ・あんなに次のてんかいがどうなるのだろうとドキドキハラハラしたげきは初めてでした。(小学生)
  • ・演劇の世界に引き込まれ、気がつくと夢中になって観ていました。(高校生)
  • ・校歌をジャズの音楽のようにアレンジして演奏してくださり、とても驚きました。(高校生)

(先生の声)

  • ・日本の昔から伝わる文化にふれることができてうれしかった。(小学校)
  • ・会話や動きが面白く、何度も子供たちの笑い声が体育館に響いた。(小学校)
  • ・オーケストラの楽器の生演奏に慣れ親しむことができて良かった。(小学校)
  • ・本校の弦楽部の部員や歌唱表現の授業選択者も舞台の上で演奏できて、有意義な時間を持つことができた。(高校)
  • ・日本語の難しさ、表現の豊かさを知ることができた。(高校)

2019年度(平成31年度)県民芸術劇場の開催について

【実施の可否結果について】
開催希望のあった各学校宛に実施の可否結果を平成31年2月20日付けで郵送にて通知しました。実施が内定した学校は実施申請書を下記まで提出してください。
実施申請書提出期限:平成31年3月15日(金)必着



 

【開催決定の通知について】
実施申請書を提出した各学校宛に平成31年4月22日付けで郵送にて通知しました。



 

【実施報告書の提出について】

当該実施要綱のとおり、開催校は原則として公演終了後2週間以内に実施報告書(必ず原本を提出。コピー・FAX不可)に資料を添付のうえご提出ください。(添付資料①公演の記録写真 ②当日プログラム ③生徒の感想文の写し(抜粋可)を全て添付すること)提出書類は全てA4サイズで印刷して作成すること。なお、資料を提出できない場合は必ず理由書をご提出ください。理由書の様式は問いませんが、必ず担当者名を記載し提出できない理由を明確に記載すること。メモ書き不可。

開催校から実施報告書の未提出及び報告内容に不備等がある場合は、公演団体(協会負担分)への出演料の支払い手続きをいたしかねます。実施報告書を提出できない学校は開催希望申請をご遠慮ください。公演団体への支払い手続きがスムーズに行えますようご協力をお願い申し上げます。



 

【学校参考資料及び提出様式等】
・平成31年度県民芸術劇場(学校公演)実施要綱
・平成31年度県民芸術劇場(学校公演)実施申請書(様式1)

 実施申請書提出期限:平成31年3月15日(金)必着(終了しました)


 

・県民芸術劇場(学校公演)を実施するにあたってのお願い
・県民芸術劇場ロゴマーク
・所得税の源泉徴収をする場合の計算例(学校公演)
・源泉徴収の方法について(国税庁ホームページ参照)
・平成31年度県民芸術劇場(学校公演)実施報告書(様式2)
記入例:平成31年度県民芸術劇場(学校公演)実施報告書 (様式2)



 

※出演料の源泉徴収が必要な公演団体については開催校が源泉所得税を管轄の税務署へ納付してください。事務処理については、誠に申し訳ございませんが、当協会へ問い合わせされましてもわかりかねますので、国税庁のホームページを参照の上、ご対応くださいますようお願い申し上げます。



 

【公演団体のみなさまへ・協会宛請求書雛型について】

・協会宛請求書雛型について
・請求書雛型(協会宛)


令和2年度県民芸術劇場の開催希望調査について

開催を希望する学校は開催希望調書を下記までご提出ください(公立小学校は各小学校所管の市町教育委員会宛に提出)。なお、開催を希望するにあたってトラブル防止のため、学校担当者から必ず直接公演団体へ開催希望時期を連絡のうえ、開催希望調書を作成しご提出ください(開催希望時期、公演内容、会場条件等要確認)。
当協会にてご提出いただいた書類を審査し、可否を決定します。開催の可否結果は令和2年3月上旬頃を郵送にて通知します。内定後の辞退はお受け出来かねますのでご承知おきくださいますよう何卒お願い申し上げます。



 

【高等学校・中等教育学校】
・令和2年度県民芸術劇場(高等学校・中等教育学校)について(概要)
・開催希望調書記入例(高校・中等教育学校)
・開催希望調書(高校・中等教育学校)



 

 【開催希望調書提出期限】
・高等学校・中等教育学校の期限:令和元年11月29日(金)必着(受付終了しました)



 

【小学校・特別支援学校】
・令和2年度県民芸術劇場(小学校)について(概要)
・フローチャート(公立小学校)
・フローチャート(公立小学校以外)
・開催調書記入例(小学校・特別支援学校)
・開催希望調書(小学校・特別支援学校)
 

【開催希望調書提出期限】
・公立小学校の期限:各小学校管轄の市町教育委員会にて確認してください。(受付終了しました)
・私立小学校及び特別支援学校の提出期限:令和元年11月29日(金)必着(受付終了しました)



 

【実施の可否結果について】

・令和2年3月上旬頃各学校宛に郵送にて通知予定。
※電話による問い合わせや、結果に対して異議申し立てには応じることはできません。また内定後であっても実施要綱に反することが明らかになった場合は内定を取り消す場合があります。


 

問い合わせ・提出先

(公財)兵庫県芸術文化協会 文化振興部 事業第1課
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3
TEL:078-321-2002 FAX:078-321-2139