~ふるさと文化紀行~
京の癒しスポット~下鴨さんぽ 下鴨神社・下鴨茶寮本店・旧三井家下鴨別邸

  • 日程:2019年9月26日(木)

9月実施のふるさと文化紀行は、まだまだ蒸し暑い京都で涼しく楽しめるスポットとして知られる下鴨神社と、その周囲に広がる「糺(ただす)の森」周辺をご案内します。

下鴨茶寮本店

下鴨茶寮本店

まずは下鴨神社の南にある旧三井家下鴨別邸(重要文化財)を訪れます。三井家の歴史を伝える素晴らしい建築は内装もとても見事で、美しい庭も必見です。昼食は、創業安政三年(1856年)の歴史と伝統に彩られた老舗、下鴨茶寮本店で下鴨御膳をお召し上がりください。
「土産土法」スタイルを守り、京野菜を世に広め、著名人をはじめとする多くの人々に愛されてきました。お膳を美しく飾る芸術的なお料理の数々、サービス、空間のすべてが京都という名のもとで見事に調和した至福のひと時をお楽しみいただけます。

下鴨神社 ふるさと文化紀行

下鴨神社

昼食後は世界遺産・賀茂御祖(かもみおや)神社(通称:下鴨神社)に参拝します。「本殿・大炊殿(おおいどの)」(重要文化財)の特別拝観のほか、下鴨神社の旧社家・浅田家を資料館として改修した「秀穂舎(しゅうすいしゃ)」で社家の日常生活を復元した常設展示や、神社に縁(ゆかり)のある人物の紹介に関する資料等をご見学いただきます。

そして女性守護としての信仰を集める河合神社へ。河合神社は神武天皇の母、「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」が祀られ、美麗の神様としても女性に大人気の神社です。お参りの際には下鴨神社のカリンの庭で毎年秋に採れるカリンの実と御神水から作られた美人水・カリン水をお召し上がりください。

旅の締めくくりは、創業1716年の京菓匠、笹屋伊織へ。毎月3日間しか販売されない代表銘菓「どら焼」を旅のお土産にいかがでしょうか。

image

笹屋伊織 代表銘菓「どら焼」