文化財講座 ~再び、人の心に寄り添うとは?~

平成という時代に幕が引かれようとしています。ここ数年、「何々に寄り添う」という言葉がしばしば耳に飛び込んで来ました。そこに真心が籠っていると感じられる場合もあれば、ただ単に選択肢の中から耳当たりの良い言葉の一つとして、本音とは別に使用しているとしか受け取れない場合も多々あります。「うそやろー!」と。この1年、皆さまとご一緒に人に寄り添うことの真実を、美術作品を通して考えて参りたいと思います。

講座詳細

■場  所
兵庫県民会館 3階303号室 (神戸市中央区下山手通4-16-3)
6月は12階1202号室、7月は10階福の間

kkk20190305143113-0001

 

 

 

 

 

■開催日
水曜日(4月~翌年2月の全10回。8月は休講)

■時 間
午後2時から3時30分まで

■講 師
白鶴美術館顧問 山中 理 ほか

■受講料(年間)
一般17,000円、芸術文化協会友の会会員13,000円
※兵庫県芸術文化協会友の会会員(年会費3,000円)の場合は、受講料がお得になります。友の会会員についてはこちらをご覧ください

日程

実施日 講座内容 講師
1 4月24日(水) 真摯に生きる
~美術の中に愛・信仰・友情を探る~
白鶴美術館 顧問
山中 理
2 5月15日(水) 美しく生きる
~漆工の装身具、櫛・笄・印籠~
関西学院大学
非常勤講師
近藤 利江子
3 6月19日(水) 楽しく生きる
~美術に学ぶ笑い・涙・怒りの匙加減~
白鶴美術館 顧問
山中 理
4 7月17日(水) 書画によって人生の絆を見る
~書画帖の世界~
大阪芸術大学
名誉教授
田中 敏雄
5 9月11日(水) 為書の世界
~心に寄り添い、自ら娯しむ~
鉄斎美術館
主任学芸員
柏木 知子
6 10月23日(水) 数寄に生きる①
~室町・桃山・江戸~
公益財団法人
阪急文化財団 理事
仙海 義之
7 11月13日(水) 写しの美
~こころの底に映し得てまし~
白鶴美術館
主任学芸員
海原 靖子
8 12月18日(水) 装いへの思い
~「いき」の美意識と型染めの技~
大阪芸術大学
非常勤講師
齋藤 朋子
9 1月15日(水) やきものの話 兵庫陶芸美術館
副館長
弓場 紀知
10 2月12日(水) 数寄に生きる②
~江戸・明治・大正・昭和~
公益財団法人
阪急文化財団 理事
仙海 義之

※ 都合により、日程、会場、講師、内容を変更する場合があります。
ご了承ください。

主催

公益財団法人 兵庫県芸術文化協会

お問合せ・お申込み先

〒650-0011
神戸市中央区下山手通4-16-3
公益財団法人 兵庫県芸術文化協会 文化振興部
TEL:078-321-2002
FAX:078-321-2139
e-mail:sinkoubu@hyogo-arts.or.jp
webでのお申込みはこちらから