ふれあいの旅(国内編)~世界文化遺産シリーズ~
東京・国立西洋美術館を訪ねる
時代とともに変わる「江戸・東京」の 歴史・文化に触れる旅

  • 日程:2017年9月10日(日)~12日(火) 2泊3日

昨年、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館を訪れ、また両国国技館での相撲観戦や、とげぬき地蔵尊参拝、江戸東京博物館、隅田川クルーズなど、江戸・東京の歴史や文化に触れる旅です。

全行程に旅行社添乗員と事務局が同行する、安心・安全な旅です。

日程

2017年9月10日(日)~12日(火) 2泊3日

行程

▼1日目=姫路駅(8時20分発予定)、新神戸駅(8時36分発予定)から新幹線で品川駅へ。
到着後、明治36年創業の老舗レストラン「日比谷松本楼」(東京大学本郷キャンパス店)での洋食ランチと、東大キャンパスを散策。
午後は、とげぬき地蔵尊の名で親しまれている巣鴨の高岩寺を参拝。
その後、歌舞伎座ギャラリーへ。実際の舞台で使用された衣裳や屏風、小道具の展示などをイヤホンガイドを使用しご見学いただきます。また、歌舞伎座場内を見下ろす「場内観覧室」からの見学もできます。
夕食は日本で初めてバイキングスタイルを生みだした帝国ホテル「インペリアルバイキングサール」にて伝統の味をお楽しみください。
(宿泊/帝国ホテル東京 2連泊)
▼2日目=江戸時代の代表的な大名庭園「浜離宮恩賜庭園」を見学後、水上バスで隅田川をクルーズ。
隅田川の水上バスと東京スカイツリー

隅田川の水上バスと東京スカイツリー

浅草で下船し、昼食は浅草の老舗天麩羅店「三定」で天麩羅定食を。
午後は高さ634㍍の東京スカイツリーへ。地上350㍍からの展望をお楽しみください。
その後、江戸・東京の歴史と文化を紹介する「江戸東京博物館」を見学。博物館見学後は、両国国技館で大相撲9月場所を約2時間ご観戦いただき、夕食は「築地すしざんまい」で江戸前寿司を。
(c)国立西洋美術館 昨年、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館 *転載不可

(c)国立西洋美術館
昨年、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館
*転載不可

▼3日目=世界文化遺産・国立西洋美術館へ。松方コレクションを核として西洋の美術作品を専門とし、1959年に設立。20世紀を代表する建築家のひとりル・コルビュジエが設計した国内唯一の建造物です。中世末期から20世紀初頭にかけての西洋絵画とフランス近代彫刻が常設されています。イヤホンガイドを使用し作品をご鑑賞いただきます。その後は上野恩賜公園を散策します。
昼食は「赤坂離宮 銀座店」で本格的な広東料理を。
午後は、今年4月にオープンした商業施設「GINZA SIX」へ。施設中央の吹き抜けでは、芸術家・草間彌生の新作インスタレーションが期間限定で展示されています。
その後、東京駅から新幹線で新神戸駅(18時37分着予定)、姫路駅(18時54分着予定)へ

♪お客様に配慮したゆとりある内容です

♪歴史、文化、芸術が見学できる要素を多く取り入れています

♪兵庫県芸術文化協会職員と実施旅行社(日通旅行(株)神戸旅行センター)社員による添乗員が誠意を持って対応します

参加費

一般 1人1室153,000円 2人1室133,000円、3人1室132,000円

※いずれも1人料金で新神戸駅からの交通費・宿泊費・食事費を含みます。
(姫路駅発着は1,500円追加)

※兵庫県芸術文化協会友の会会員は一般価格から4,000円割引になります。

 友の会についてはこちらをご覧くください。

定員

30人(最少催行人数25人)

旅行企画・実施

日通旅行(株)神戸旅行センター

問い合わせ

公益財団法人 兵庫県芸術文化協会 文化振興部事業第2課
「ふれあいの旅」係 ℡ 078-321-2002