イベントの一覧

  • 日程:2018年6月28日(木)

お茶屋と言えば日本を 代表する伝統文化のひと つです。しかし「一見さ んお断り文化」を持って いるため、非常に険しい 関門ですが、芸奴さんに 一度は関わってみたい、 触れ合ってみたいと考え る方は多いのではないで しょうか。

この企画は昨年の伝統 芸能講座の講師としてお 招きした谷川恵氏(島之 内たに川若旦那)の「花 街の伝統を今に伝えるお 茶屋文化」の講座内容が 大変興味深く、とても面 白い内容だったことか ら、是非とも「お座敷体 験」をしてみたいとの声 が多かったことで実施す る運びとなりました。

知ってるようで知らな いお茶屋の歴史、世間一 般的に誤解されている「お 茶屋とは」を分かりやす く説明してもらいます。

昼食は「お茶屋たに川」 にて「味吉兆堀江店(ミ シュランガイド2017 二つ星)」から取り寄せるお弁当を味 わいながら芸 奴さんの舞の 鑑賞やおもて なしを受けま す。食後には お座敷遊びを 体感します。

100周年を迎える中之島公会堂

100周年を迎える中之島公会堂

そのほか、 国の重要文化財であり、2018年に 100周年を迎える大阪 市中央公会堂(通称:中之島公会堂)、聖徳太子 のゆかりがある四天王寺 (中心伽藍)と愛染かつ らで有名な勝 しょうまんいん 鬘院愛染 堂を拝観します。

是非この機会に、知ら れざるお茶屋の世界と大 阪の歴史と文化に触れて みてください。

 

 

 

日程

2018年6月 28 日㈭
集合場所 
兵庫県民会館1階ロビー
集合時間
8時 35 分集 合(8時45 分出発)
コース
県民会館→大 阪市中央公会堂→お茶屋 「島之内たに川(昼食/ お座敷体験)→四天王寺 (中心伽藍・拝観)→勝 鬘院愛染堂→三宮→県民 会館( 18 時着予定)

参加費

会員:26,50 0円

一般:30,500円

※兵庫県芸術文化協会賛助会員は一般価格から4,000円割引になります。

賛助会員についてはこちらをご覧くください。

定員

25人(最少催行人数20人)

旅行企画・実施

名鉄観光サービス(株)

問い合わせ

公益財団法人 兵庫県芸術文化協会 文化振興部事業第2課
「ふるさと文化紀行」係 ℡ 078-321-2002


  • 日程:2018年7月8日(日)~10日(火) 2泊3日

明治維新から150年 の節目の年になる201 8年。今回のふれあいの 旅は明治維新を成し遂げ た偉人のひとり西郷隆盛 のゆかりの地「鹿児島」 を訪ねます。

全行程に旅行社添乗員と事務局が同行する、安心・安全な旅です。

続きを読む »


  • 日程:2018年5月22日(火)※5月29日(火)より変更となりました

ふるさと文化紀行では、滋賀県彦根市を訪れ、国宝・彦根城の入り口にある彦根城博物館と、彦根の伝統的工芸品・彦根仏壇の伝統技法の各種工程などを見学します。

彦根城博物館

彦根城博物館

彦根城博物館は、昭和62年2月、彦根市の市制50周年を記念して、彦根城表御殿跡地にその復元を兼ねて建てられました。代々彦根藩主を勤めた井伊家に伝わる美術工芸品や能や茶器の愛蔵品、古文書などが展示されています。また、表御殿の中央に占める能舞台や、藩主が日常生活をいとなんだ「奥向き」は、御座の間や茶室・庭園が復元されています。

昼食は、明治2年創業の老舗「料亭旅館やす井」の雅と和みが交差する心地よい空間で、 ご城下弁当をいただきます。

彦根仏壇の伝統技法「蒔絵師」

彦根仏壇の伝統技法「蒔絵師」

午後は、創業198年、仏壇仏具専門店「永樂屋」で、彦根の伝統的工芸品・彦根仏壇の製造工程見学と、金箔押しを体験します。 彦根仏壇の起源は徳川時代中期とされ、武具、武器の製作にたずさわっていた塗師、指物師、錺かざり金具師などが平和産業としての仏壇製造に転向したのが始まりといわれています。伝統産業の仕事風景と彦根仏壇の伝統技法である「工部七職」(木地師、宮殿師、彫刻師、錺り金具師、塗り師、蒔絵師、金箔押師)の各工程などをご覧ください。

その後は、菓子メーカー「たねやグループ」のフラッグシップ店「ラコリーナ近江八幡」 へ 。美しい緑に囲まれた広大な敷地に、和・洋菓子を扱うショップをはじめカフェ、フードコート、農園などで構成された複合施設です。たねや自慢のカステラや、クラブハリエのバームクーヘンなどお土産にいかがでしょう。

日程

2018年5月22日(火)
集合場所 
兵庫県民会館1階ロビー
集合時間
8時20分 (8時30分出発)
コース
 県民会館→彦根IC→彦根城博物館→料亭旅館やす井(昼食)→永樂屋(伝統的工芸品・彦根仏壇の製造工程見学と金箔押し体験/約1時間30分)→ラ コリーナ近江八幡(お買い物)→竜王IC→三宮→県民会館(19時30分着予定)

参加費

会員:13,500円

一般:17,500円 (一般の方もご参加いただけます。お気軽にお問い合わせください。)

※兵庫県芸術文化協会賛助会員は一般価格から4,000円割引になります。

賛助会員についてはこちらをご覧くください。

定員

40人(最少催行人数30人)

旅行企画・実施

名鉄観光サービス(株)

問い合わせ

公益財団法人 兵庫県芸術文化協会 文化振興部事業第2課
「ふるさと文化紀行」係 ℡ 078-321-2002


賛助会員

兵庫県芸術文化協会では、賛助会員を募集しています。新しいことを始めてみたり、身近にあるちょっとした芸術文化を再発見してみませんか。

ただいま、平成30年度の会員を募集中!

下記の研修事業をご案内いたします。
また、文化情報紙「すずかけ」を毎月お届けするほか、県内の提携美術館・博物館に割引価格で入場いただけるなどの優待がございます。(詳しくはこちら)
さぁ、一緒におでかけしませんか?

■ふるさと文化紀行
日帰りバスツアーを実施します!

■ふるさとウォーク
講師の解説を聞きながら徒歩で巡り、郷土史を学びます。

■至宝の文化財を訪ねて
京都を訪れ、普段は非公開のお寺を見学するバスツアーです。

■ふれあいの旅 世界遺産シリーズ
海外と国内の旅行を実施します!

■のじぎくサロンコンサート
秋頃に兵庫県公館(迎賓館)でコンサートを開催!

※詳細につきましては、決まり次第、ホームページや文化情報紙「すずかけ」などでお知らせいたします。

そのほか、『兵庫県生活文化大学』、『ふるさと兵庫の地域学』などの受講料が割引になります!
お申込み・詳しいお問い合わせは下記までお電話ください。(平日のみ9時~17時30分)

続きを読む »


  • 開催日
    2018年1月13日(土)開演14時(開場13時)
  • 場所
    兵庫県公館(迎賓館)
  • 出演
    豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)
    村尾美咲(ピアノ)

のじコン(豊嶋)

 のじぎくを象ったシャンデリアをはじめ、明治時代のクラシカルな雰囲気を残した兵庫県公館(迎賓館)で開催する「のじぎくサロンコンサート」。ステージと客席が近いサロン風のコンサートは、休憩中のソフトドリンクのサービスなど、独自のおもてなしでご好評をいただいています。
 第101回のじぎくサロンコンサートでは、平成25年度兵庫県文化賞を受賞されたヴァイオリニスト・豊嶋泰嗣さんをお迎えします。
 明治の香り漂う兵庫の迎賓館で優雅な午後のひとときをお過ごしください。
  • 豊嶋泰嗣さんプロフィール
    桐朋学園在学中よりヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソリスト、室内楽、コンサートマスターとして演奏活動を始める。86年、大学卒業と同時に新日本フィルのコンサートマスターに就任。ソリストとして、国内外のオーケストラとの共演。現在は新日本フィルソロ・コンサートマスター、兵庫芸術文化センター管弦楽団コンサートマスター、九州交響楽団桂冠コンサートマスター。アルティ弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍している。チェンバー・ソロイスツ佐世保 音楽監督。
  • プログラム
    ヘンデル/ヴァイオリンソナタ第4番二長調作品1―13
    ラヴェル/ヴァイオリンソナタ
    バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番BWV1001
    ショスタコーヴィチ/ヴァイオリンソナタ作品134
*変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

続きを読む »


今回で第3回目となる田辺眞人氏による「ふるさと兵庫の地域学」は、「城跡周辺に眠る街かどの文化」をテーマに10月から12月まで全3回にわたり開催します。
3回すべての講義をお申し込みいただく場合には、割引があります。

image001

  • 講師:田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授)
  • 日時/内容

①10月12日(木)
古代の日本と渡来文化 姫路城周辺

②11月9日(木)
街なかに遺る城郭の名残 阪神間の都市圏で

③12月14日(木)
摂津・丹波の交通路と城郭 武庫川・加古川水系と由良川

各日14時~15時30分(開場 13時15分)

続きを読む »


  • 日程:2017年9月10日(日)~12日(火) 2泊3日

昨年、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館を訪れ、また両国国技館での相撲観戦や、とげぬき地蔵尊参拝、江戸東京博物館、隅田川クルーズなど、江戸・東京の歴史や文化に触れる旅です。

全行程に旅行社添乗員と事務局が同行する、安心・安全な旅です。

続きを読む »


  • 日程:平成29年11月29日(水)~12月8日(金) 8泊10日
  • 集合場所:関西国際空港
  • 申込締切:10月11日(水)

今回のふれあいの旅は、イギリス名門バレエ団の公演鑑賞や各都市での美術館鑑賞、そしてヨーロッパの食文化など、芸術と食に出会う旅です。
また、ゆとりある内容となっており、添乗員と事務局が同行します。

グッゲンハイム美術館(スペイン ビルバオ) (写真提供スペイン政府観光局)

グッゲンハイム美術館(スペイン ビルバオ)
(写真提供スペイン政府観光局)

続きを読む »


  • 開催日
    2017年2月4日(土)開演15時(開場14時)
  • 場所
    兵庫県公館(迎賓館)
  • 出演
    並河 寿美 (ソプラノ)
    松本 薰平 (テノール)
    兵庫芸術文化センター管弦楽団 (管弦楽)
    村上 寿昭 (指揮)
  • 並河寿美(ソプラノ) 松本薰平(テノール)

    並河寿美(ソプラノ)      松本薰平(テノール)

    兵庫芸術文化センター管弦楽団(管弦楽) 村上寿昭(指揮)

    兵庫芸術文化センター管弦楽団(管弦楽) 村上寿昭(指揮)

 芸術文化の振興、県民文化の向上に寄与するため、昭和42年1月に「(財)兵庫県社会文化協会」として設立された(公財)兵庫県芸術文化協会は、来年1月に創立50周年を迎えます。
 このたび、創立50周年、そして、のじぎくサロンコンサート第100回を記念して、兵庫ゆかりの声楽家で兵庫県芸術奨励賞受賞者である、ソプラノの並河寿美さんと、テノールの松本薰平さんをお迎えし、兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)とともに兵庫県公館(迎賓館)にて開催します。
 明治の香り漂う兵庫の迎賓館で優雅な午後のひとときをお過ごしください。
  • プログラム
    プッチーニ/歌劇『トスカ』より
    “歌に生き、愛に生き”
    “星は光りぬ”
    “マリオ!マリオ!”

    プッチーニ/歌劇『蝶々夫人』より
    “最愛の人よ、星の輝きのように”
    “ある晴れた日に”
    “さらば愛の巣”

    ヴェルディ/歌劇『椿姫』より
    “ああ、そは彼の人か~花から花へ”
    “燃える心を”
    “パリを離れて”

*予定曲目の一部です。変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

続きを読む »